日本社会とアニメ

日本人にとって、アニメはとても身近な存在ですよね。子どものころから、アニメをみて育った人も多いと思います。大人になっても、アニメは夢や楽しみを与えてくれて日々の生活を楽しく彩ってくれます。日本社会にとってもアニメ文化は、これからも経済的になくてはならない存在でしょう。そんなアニメに関わる仕事をして楽しみを届けたい、という夢を持つ人の道としてアニメの専門学校へ通うという方法があります。専門学校の基本情報や知っておきたいことをいくつか紹介します。

アニメの専門学校を出た卒業生の進路TOP3

原稿
no.1

大手・中小アニメ制作会社

誰もが知る大手のアニメ制作会社から、その下請けの中小アニメ制作会社へ就職する人が数多くいます。大手の場合は、高い技術力が必要となるので倍率が高いのが特徴です。しかしそのため、待遇ややりがいはもちろん十分期待できます。また、中小の制作会社の場合は、アニメ制作の技術を身に付けることができます。

no.2

専門スタジオ

専門スタジオは、技術の専門度が必要となってきます。作画や特殊効果など、自分の専門技術を活かして仕事に取り組むことができます。自分の強みを活かしたい人にはもってこいの職業です。

no.3

漫画家・イラストレーター

アニメの専門学校では、マンガやイラストについても学びます。専門学校で培った技術を役立て、漫画家やそのアシスタント、イラストレーターになる卒業生も少なくはありません。

アニメ専門学校の疑問を解消!Q&A

絵を描く

アニメの専門学校って、学費はいくらくらいかかるの?

専門学校やコースによってもちろん変わってきますが、おおよその目安として1年で大体130万円前後かかります。多くの学校は、2年制のため、トータルだと200万円程度になります。学費は、2年目以降安くなるのが一般的でしょう。

入学試験のときに、イラストなどを描く実技試験はあるの?

多くの専門学校は、実技試験はあまりなく、書類選考のみか面接を行います。実技試験や筆記試験がある学校は、少なくなっているでしょう。ですが、自分が受験を考えている学校に実技試験や筆記試験があるかどうか、募集要項などを読んでしっかり確認しておくのが安心です。

アニメって鑑賞しかしたことないし、絵も下手だけど大丈夫?

アニメの専門学校では、1から基礎を学ぶことができます。入学したほとんどの人が初心者なので、安心して大丈夫ですよ。上達させるために学ぶので、恥ずかしがる必要もありません。

趣味を仕事に!アニメの専門学校へ通って力をつけよう

原稿

授業はどういったことをするのか

専門学校では、アニメの作画技法や制作をするときの工程などを学んだり、デッサンを行うことで画力向上を目指します。絵コンテや背景作画など専門的なこともどんどん習っていきます。授業が進んで専門の知識が身につくと、実際にアニメーション作品を制作して発表を行います。

絵を描く

アニメの専門学校へ通うメリットとは

アニメの専門学校へ通うと、知識が身に付くだけでなく、専門ならではの様々な検定を取得できます。学校によっては、色彩士検定や画像処理検定を取得することができます。また、同じ趣味の仲間に出会えることも大きなメリットです。普段の生活で同じアニメ好きに出会うことは少ないと思いますが、アニメの専門学校は通うと、同じ趣味の人と多く知り合うことができるでしょう。自分の好きなことを学ぶというのは、必ずあなたにいい影響を与えます。親や先生に相談してみて、あなたの気持ちを伝えてみましょう。